94人の「生きる」を表現した
カラペが集まりました!

Coloreation Paper Collection [生きる]Online Gallery

Hidamari_yayoi

Hidamari_yayoi

Hiroe

Hiroe

aya_edited

aya_edited

やなぎさわかな

やなぎさわかな

AI.T

AI.T

N_edited

N_edited

こうた

こうた

ひなこ

ひなこ

りゅうま

りゅうま

こうや

こうや

金吹綾子

金吹綾子

ましこじん

ましこじん

増子仁子

増子仁子

カトちゃん

カトちゃん

山口陽子

山口陽子

かほ

かほ

たなべあゆみ

たなべあゆみ

すみれ

すみれ

髙橋悠真

髙橋悠真

大西敏夫

大西敏夫

髙橋康将

髙橋康将

按夕未

按夕未

わたなべりお

わたなべりお

わたなべゆか

わたなべゆか

わたっこ

わたっこ

わたなべかほ

わたなべかほ

KAZUKI

KAZUKI

りと

りと

よこうちみゆ

よこうちみゆ

よこうちしょういち

よこうちしょういち

りえっぴ

りえっぴ

よこうちあきこ

よこうちあきこ

トッキー

トッキー

みほ

みほ

みほこ

みほこ

ミノリ

ミノリ

みかっぴ

みかっぴ

マリィちゃん

マリィちゃん

マシコユウコ

マシコユウコ

まーくん

まーくん

ほのか

ほのか

はるかっぴ

はるかっぴ

はらだみか

はらだみか

はらだあかり

はらだあかり

はなっぴ

はなっぴ

のぐちもか

のぐちもか

とわ

とわ

てっちゃん

てっちゃん

ちび太

ちび太

みさとっぴ

みさとっぴ

しおざわりひと

しおざわりひと

こうや

こうや

Pawer. 大西

Pawer. 大西

こたっぴ

こたっぴ

しおざわゆか

しおざわゆか

かの

かの

あやプー

あやプー

いとうひなも

いとうひなも

あやみん

あやみん

あおいっぴ

あおいっぴ

yuteaya

yuteaya

Yusei0909

Yusei0909

Sumire

Sumire

terako

terako

taemachi

taemachi

yuco

yuco

SHIZUKA.T

SHIZUKA.T

Peachちゃん

Peachちゃん

papichan.papichan

papichan.papichan

Mako

Mako

Mizuki0909

Mizuki0909

Kuma

Kuma

Ohana

Ohana

M.K

M.K

kikinagata(fromUSA)

kikinagata(fromUSA)

Kaichinagata(fromUSA)

Kaichinagata(fromUSA)

JOE

JOE

望月愛

望月愛

さごちん

さごちん

望月信太郎

望月信太郎

望月みどり

望月みどり

井東玲

井東玲

望月いつき

望月いつき

わたなべはるなり

わたなべはるなり

わーこ

わーこ

井東瑛麻

井東瑛麻

やまきじゅんこ

やまきじゅんこ

やなぎさわのりこ

やなぎさわのりこ

やなぎさわこうた

やなぎさわこうた

くまっち

くまっち

わたなべますみ

わたなべますみ

しゅんた

しゅんた

Erico(fromUSA)

Erico(fromUSA)

eriShouta

eriShouta

profile0217.jpg

カラペハリエさんの活動って、

明るくて前向きで楽しくて、

ほんとに素敵だなって以前から思っていました。

 

それで今回、活動の横断幕を、
カラペでデザインしていただけたらとお願いしたんです。

(Pawer. 代表 大西結衣さん)

きっかけは

動物福祉団体Pawer.

​さんとの出会い

カラペ に できること。

カラペコレクション開催のきっかけとなったのは、京都を拠点に活動している動物福祉団体 Pawer.さんから、横断幕のデザインをカラペでしてほしい、と依頼されたことでした。

 

依頼者である Pawer.代表の 大西結衣さんは、犬や猫の殺処分が世界中で社会問題となる中、とくに日本における動物福祉に対する意識の立ち遅れに気づき、解決に向けて活動されています。そして現状を改善するには、殺処分を含む社会問題の根っこと向き合うべきだと確信されたといいます。

その根っことは、私たち一人ひとりの「意識」です。

箱の中の犬

カラペハリエの

​強みを生かす

大西さんのお話を伺って、

日本の殺処分の現状を根本から変えるためには、
一人一人の意識を変える必要があるということがよくわかりました。

 

そのためのはじめの一歩は「まずは知ることから」。

カラペハリエの 明るく楽しく!ポジティブに多くの人を巻き込める強みで、お力になれればと思いました。

 

そういうわけで、多くの人に楽しみながら関わってもらえる

「カラペコレクション」を実施して、Pawer.さんの活動について知ってもらう機会を創出し、同時に「生きる」というテーマについて見つめ直し、カラペで表現してもらうことにしたのです。

 

カラペ作りを楽しむと同時に、生きることについて想いを馳せるきっかけになったなら、第一歩です。私たちひとりひとりに何ができるか?みなさんと一緒にこれからも考え続けていきましょう。カラペハリエでも、引き続きPawer.さんのお話を伺いながら、発信し続けたいと思います。